HIFU(ハイフ)について

HIFU(ハイフ)は医療用がいい?美容サロン(エステ)は危険?徹底分析!

「ハイフはエステで受けても意味がない」

「ハイフは医療用だからエステで受けるのは危険」

こういうセリフ、聞いた事ありませんか?

こんな言われると、なんとなく「医療がいい」という頭になっちゃいませんか?

そこで今回はハイフがエステと医療でどう違うのか、ご説明したいと思います!

なにがどう違うか、考えて、是非ご自身の意思で選んでくださいね♪

エステで受けるべき?医療で受けるべき?

最初に個人的な感想からいいます。

医療よりエステのが効果あった

これ、本音

実際顔ハイフをクリニックとサロンで受けたのでそちら紹介しますね

①東京美容皮膚科クリニック

まず、ハイフを初めて受けたのが東京美容皮膚科クリニック

当時、ハイフを受けようと決めて卒論でも書くのかレベルでHIFUを受けるクリニックを調べてたんだけど、

初回3万円で頬の施術ができると聞いて、予約。

私もその頃「医療がいい」という話を鵜呑みにし、医療のみで探してたら比較対象は

「ハイフ全顔18万」

とかの愛沢えみりさんのクリニックとかだったんですけど。。。笑

それに比べたら破格に安いし、小顔には頬打てばいいだろうし、と意気揚々と来店

施術内容

クリニックは移転したてらしくとってもきれいで、リラックスできる空間

そこで「ウルトラフォーマーⅢ」という機材でハイフを打ってもらうことに

ウルトラフォーマーⅢとは?
顔と体の皮膚(真皮)、脂肪層、筋膜に対してHIFUにより大体65~75度の熱を与え、
引き締めからたるみ治療まで行う機材のこと。(どの皮膚内部の層に打つかによって、使用するカートリッジが変わるらしい。)
カートリッジの種類は4つ
・1.5mm 真皮浅層…タイトニング/HIFU SHOWER
・2.0mm 真皮…目の周辺のタイトニング
・3.0mm 真皮深層…リフトアップ
・4.5mm SMAS層…リフトアップウルセラと同じHIFUによる照射でリフトアップさせる治療。
※3.0mm、4.5mmの深層・SMAS層へはウルセラを推奨。

東京美容皮膚科クリニックでは、このウルトラフォーマーだけが可能な特別な1.5mmの施術の『ハイフシャワー』と、

世界初開発の2mmカートリッジ使用の『ハイフアイシャワー』が施術受けれるそうで、おすすめとのこと。

より筋膜に近い深層部に打つプランなどもあってけど、まだ若いからまずは手軽なもので!と自分に言い聞かせ

今回この「ハイフシャワー」を受ける事に。

実際の流れ

カウンセリングを30分した後、すぐに施術へ

まずは化粧を落として、施術室に向かう。

医師から看護師さんにチェンジし、いざスタート

痛みに耐えれるように、ということで手には振動するボールみたいなのを握らせてくれる。

痛くないけど、小刻みな振動がちょっとくすぐったくて、そのボールに意識を集中させてたら施術終了

終わった直後は少し肌が赤くなったけど、1~2時間で引くとのこと。

リアルな感想

リアルな感想、ね

効果感じずwwwww

プラシーボ効果で、打った直後は「引き締まったかも!?」と必死に思おうとしてたけど

のちのち勉強すると、1.5mmは脂肪層より全然上

なので、深層に届いてないんだよね

それで3万円か~~~。。。

微電流流された位の変化でした。

ただ、普段使わない筋肉をゆすって、軽い筋トレ的な感じだろうから、もちろん効果ある人もいると思うけど、

劇的な変化は得られなかったのが正直な感想です。

②Shanti Beaute(シャンティ・ボーテ)

こちら、私が責任もって一押しする表参道にある最高のサロン。

また別途記事でまとめますが、このお店に出会えて、私のハイフ人生が始まったのです

そのくらい、このお店はすごい。。。。

この記事で、シャンティだと気づいた方もいらっしゃるみたいですが!

施術内容

こちらの施術内容ですが、カウンセリングは簡単に終え、すぐ施術!

担当の方が、様々なカートリッジを駆使して、脂肪層や真皮層にアプローチ

こんな風に、打った直後に効果を実感できます。

しかもこの効果は2か月は余裕で持つというすぐれもの。

このサロンでは、ただ充てるのではなく、ハイフをそりゃもう痛いくらい「ゴリゴリ」と押し当てて、

セルライトにアプローチ。

マッサージを加えたような打ち方をしてくれます。

結論

ということで私が出した結論

いいエステに出会うこと

これにつきます(笑)

信頼してる人・できる人に出会ったら、まずその人の行っているとこに行ってみましょう

今はインスタグラマーで、PRで紹介してる人もいるから、損得のない人がおすすめしてるとこ

今回私シャンティさん好きすぎて何度も行ってますが、実は結構他のサロンも体験しにいったりしてます。

私の中では、今のところ一番いいサロンさん!

結局医療系って?

エステは危険だ!

という記事も多くありますが、そもそも日本では美容・痩身に使用されるHIFU機材は医療器のカテゴリーに含まれていない事になります。

つまり、どういうことかというと、HIFUの機材は作られた国では「医療器」であったとしても、

厚生労働省が認可をしていなければ日本では医療器ではないということです。

ってことは????

現状は医療で打とうがエステで打とうが、機材自体には大差ないということ。

もちろん出力に差はありますが(出せる温度が違うイメージ)

最も違うのは医療知識と、身体の構造に詳しいかどうか

てことはだよ?

身体の構造に詳しいエステティシャンさんに出会えたら、最強なんですよ。

医療は基本的に相場が高いです。

全顔で15万するところなんてざらにあります。

エステは、しっかり丁寧な施術、リラックスした空間で3~5万円程度で全顔施術が可能

しっかり調べて、安心できるところを見つけましょう!

とはいえ…

とはいえ、エステでも劣悪なとこ、きっとあると思います。

セールストークを鵜呑みのみにせず、しっかりと施術内容を確認したり、カウンセリングで懸念点を消化してね

口コミも参考になるので、そのサイトで調べてみてください!

一番のおすすめは知り合いが行っていて効果がでているところに行くのがいいですね。

私もいつもそうやって選んでます!

この記事で少しでも選ぶ基準の参考になるといいな♪

 

  • この記事を書いた人

ハイフ美容部員:まこ

1993年生まれ、銀座界隈の元OL。 現福岡県の赤坂にあるSalon de Mewのオーナー。 花嫁美容をきっかけにハイフにドハマり。 いまでもやみつき、お給料を注ぎ込み毎月2回以上通っている。 . ハイフの良さ、本音を伝えていきたいと思い本ブログを立ち上げてマイペースに運営中。 . 美容オタクまこ、溢れる愛を伝えていきます。

-HIFU(ハイフ)について
-, , , , , , , ,

Copyright© 東京ハイフオタク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.