HIFU(ハイフ)について

ハイフ(HIFU)でセルライトがなくなるって本当なの?仕組みをお教えします!

皆さんは、セルライトってご存知ですか?

セルライトは、脂肪組織が線維状に変形して、皮膚に凸凹となって表れた皮膚の状態のこと。

ちょっと難しいよね。

要は、血液からでた老廃物が脂肪組織にくっついて、肥大化したもののことです。

成人女性の大半は見える状態になっているというにっくき野郎。。。

「セルライトってできたら一生消えないの?!」

「消す方法ないの!?」

「ダイエットしたら消えるんじゃないの??」

そんな疑問、湧いてきませんか?

このもはや恐怖とも言えるセルライトについて、今日はご紹介します♩

セルライトの仕組み

そもそもセルライトはなぜできるんでしょうか?

食べ過ぎや運動不足などの生活をしていると、体重が増えてしまいますよね。

そうすると脂肪細胞が大きくなり血管やリンパの流れが悪い状態から冷えやむくみに繋がります。

その結果代謝が悪くなって老廃物を体外へ排出するのが難しくなる。

脂肪細胞、老廃物はそのまま冷えて固くなってしまって、セルライトとして新生します。

それってどんな状態か?

少しイラストで説明しますね!

正常な状態

まず、正常な状態だと脂肪細胞(薄ピンク)の間には隙間がちゃんとあって、血液やリンパの流れもスムーズです

これは詰まりもない状態なので、理想ですね。

イメージでいうと、脇の下のお肉が溜まってなくてスッキリノースリーブが似合う感じ

セルライト予備軍

そしてこちらはセルライト予備軍

これが、先ほど説明したような、食べ過ぎや運動不足などの生活習慣から体重が増え、脂肪細胞が大きくなり血管やリンパの流れが悪くなっている状態です。

冷えやむくみに直結しその結果代謝が悪くなって老廃物を体外へ排出するのが難しくなる、まさにセルライトのためにあるような環境!

表面がボコボコになっている状態

そしてこちらが最終形態。

もう皮膚の表面にボコボコと現れている状態です。

おおおおお。。。。

見るからにやばそう(自分で描いたくせに自分の二の腕を触りながら辛くなってきましたw)

代謝が悪くなり、自分自身で老廃物を体外へ排出する力が弱くなり脂肪細胞同士は完全に隙間もない状態になっています。

この状態になると、冷えて固まって時間が経っている為元に戻すには時間がかかってしまいます。

どうやったらセルライトは落ちるの!?

上の図で、セルライトの恐ろしさはなんとなくわかっていただけたかなと思います。

表面にボコボコした状態のセルライトって、果たしてどうしたら落ちるんでしょうか。

食事制限?

運動??

いいえ、残念ながらこの状態のセルライトは食事制限でも運動でも落ちないのです。

この状態になったセルライトは「温めて、分解、小さくしていく」しかないのです。

食事制限や運動って、実はもともとの脂肪細胞をエネルギーとして最初に使っていくから、セルライトはほったらかし、せっかく痩せてもセルライトの温床になっちゃうんです。

痩せ型の子で、皮膚つねったらめっちゃセルライト出てくる子とか、いません?

痩せていてもすごく冷え性でセルライトが多いと詰まりの多い体になっちゃうんです。

HIFU(ハイフ)でセルライト撃退できちゃいます!

今まで落とすことが困難とされてきたセルライト。

そんなセルライト撃退について、ここで、朗報です。

なんとハイフでセルライトを体外排出することができるんです!

HIFU(ハイフ)は、「High-intensity focused ultrasound」の略称で、正式名称は「高密度焦点式超音波」というだけあり、

一点に集中して超音波を当てることができるのです。(詳しくはこの記事をチェック)

しかも、今までの機械ではなし得なかった60度ほどの高温を表面を傷つけず体内に直接熱を届けることができる為、冷え切った体の深部に熱を届けることができるのです。

深部体温は大体36~37度程度なので、その温度で固まっていたセルライト=脂肪を、一気に温め溶かし排出することができるのです。

そしてそのまま筋膜の上の脂肪層にアプローチ、ゆっくり温めつつ、決してサウナやお風呂では到達しなかった深部体温に局所的に温めることが可能となったのです。

かといって、やはり排出を促すには半身浴や全身浴で体を温めるのが必須。

日々体を冷やさないように努力しつつ、憎きセルライトはハイフで溶かしましょう。

セルライトをハイフで溶かした後は

セルライトをハイフで温め溶かし流した後は、排出まで2週間程度かかるのでお風呂に使って、マッサージし排出を促しましょう。

冷えは万病の元、とはよくいったもので、美容にとっても大敵なのです。

だけどお風呂上がりすぐに靴下履いてるのに、気づけば足先はキンキン。

何枚か重ねて履いたり、ウールの素材にしたり、様々試しましたが、

その中で美容部員あさこが超おすすめなのがこちらの竹布のレッグウォーマー。

肌寒い日や、冷房がツライときに、腕・ひじ・手首をほっこり包む、竹の癒し。竹のアームカバー

こちらはTAKEFUというブランドが作っている、竹からできた繊維、「竹繊維」を使ったレッグウォーマー

竹の繊維?!固そうだしなんかチクチクしそう!?」

そう思ったものの、超信頼するエステティシャンの方に勧められるまま購入。

そのサラサラとした素材と軽さ、暖かさから一気に愛用者になりましたw

この竹布のすごいところは、

  • 菌の繁殖を防ぐから、何度使ってもずっと清潔
  • 静電気が起きない
  • 遠赤外線発生量が、トルマリンとほぼ同じ。(綿やシルクの2倍以上。めっちゃあったかい)
  • 綿の2倍の吸収力。保湿力もある
  • 化学繊維一切不使用。安心して使える

とまぁいいことづくしなんです。

ふくらはぎを温めるようになってから足先がキンキンになることも減り、

寒くて腕がだるいときは腕にも巻くようにもう一つ購入しました。

飛行機の中で吐くとむくみもスッキリして、あったかいし超重宝。

軽いし旅のお供にぴったり!!

てな訳で家族全員に珍しくプレゼントするくらいあさこのハマった健康グッズでした〜

皆さんも、ハイフとセルフケアで詰まりのない体、一緒に目指しましょう!!

  • この記事を書いた人

ハイフ美容部員:まこ

1993年生まれ、銀座界隈の元OL。 現福岡県の赤坂にあるSalon de Mewのオーナー。 花嫁美容をきっかけにハイフにドハマり。 いまでもやみつき、お給料を注ぎ込み毎月2回以上通っている。 . ハイフの良さ、本音を伝えていきたいと思い本ブログを立ち上げてマイペースに運営中。 . 美容オタクまこ、溢れる愛を伝えていきます。

-HIFU(ハイフ)について
-, , , , ,

Copyright© 東京ハイフオタク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.